みりぃのフィラデルフィア郊外らいふ

2009年7月から始まったアメリカ・フィラデルフィア郊外での日常をのんびり綴ります。
by millieff
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ルノアール展

予報通り、今日は朝から雨となりました。
パティオの続きは出来ないので、予定変更でフィラデルフィア美術館のルノアール展(Late Renoir)に行ってきました。


ルノアール、一番好きな画家です。
実家のリビングにもルノアールの「ぶらんこ」が飾ってあります。レプリカ、しかも私による模写のぶらんこです。
中学時代は一時期美術部で、セザンヌのような静物画をよく描かされました。タッチの勉強でセザンヌ・印象派他いろいろな画家の作品録を見ましたが、一番心奪われたのがルノアール。その後高校の美術の授業で教科書の中の一作品を模写するという課題があり、迷わず選んだのが「ぶらんこ」でした。


今回のルノアール展はLateともあるように、後期ルノアールの作品が取り上げられています。
彼の後期は裸の女性たちを多く書いたことでよく知られていますが、そのほかにも家族・知人を被写体にした作品、移り住んだ南仏の風景画など、アメリカ・フランスのほか日本を含め世界各国から素晴らしい作品がこの特別展には集められていました。

印象派の特徴でもある光と影の効果他に、ルノワールの魅力はあたたかい色彩や筆のタッチで表現したあの柔らかな質感。透き通るような肌に、ふんわりとした髪・衣服、穏やかな笑み。
彼の作品はいつ見ても幸せな気持ちにさせてくれます。
最後には晩年のルノワールの写真や、リウマチを患った指に筆を持ち絵を描く姿を収めたフィルムなどもあり、とっても大満足のルノワール展でした。


「ぶらんこ」オリジナルを見たくなりました。
2度行った仏オルセー美術館。「ぶらんこ」は展示されてなくて空振り、のまま。いっそのことフィラデルフィア美術館がレンタルして、今度は初・中期ルノワール展やって欲しいな~。


c0202520_1233418.jpg

[PR]
by millieff | 2010-07-11 12:55 | お出かけ
カテゴリ
最新の記事
残すところ、あと少し
at 2012-12-30 23:46
賑やかなクリスマスホリディ
at 2012-12-24 12:01
12/12/12!!
at 2012-12-12 22:30
生後0日
at 2012-11-21 22:49
【ご報告】新しい家族2012
at 2012-11-20 11:00
ガンバレケーキo(^o^)o
at 2012-11-10 13:08
最近の私
at 2012-11-06 12:52
以前の記事
検索
お気に入りブログ
お気に入り外部ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧