みりぃのフィラデルフィア郊外らいふ

2009年7月から始まったアメリカ・フィラデルフィア郊外での日常をのんびり綴ります。
by millieff
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日米・妊婦への指導の違い

ひとつ前の記事、投稿後に読み返してみたけれど、
やっぱり食べ過ぎかも。

来週の検診の体重測定が恐ろしいです。
まだ感謝祭前なのがせめてもの救いか。
我が家の体重計、いまいち信用できないので、今自分が本当は何㌔なのか不明。

アメリカの病院の体重測定はすっごく原始的。錘がついた体重計に乗り、その錘を看護師さんがずらしていって、ちょうどバランスが取れたところで「はい、何パウンドね」ってな感じ(分かるかな~)。病院はどこ行ってもこれなのでちょっとビックリしました。日本ではこんなの使ってなかったよね~。

妊娠中の指導も、日米違うなぁ~と思うことがあります。

日本では体重管理を厳しく言われるようですが、アメリカではあまり言われません。
私も最初の数ヶ月は(つわりもあったけど)「もっとカロリー摂取しなさい」
先月1ヶ月で4㌔増えたときには「体重増えて良し良し!」先生満足げでした。
義姉も「+40パウンド(18キロ越)だったわ」と言っていたし。
今のままの食欲に任せていたら、先生には褒められそうですが、
やっぱり私は日本人。最近異常に体重が気になるようになってきました。ぷよぷよだった足も、ブヨブヨしてきたし。体重が増えすぎると、産後戻すのにも苦労するし、何より大変なお産になる危険が。私の母も臨月に病気をし動けなくなった為、体重が増加し妊娠中毒症(今の妊娠高血圧症候群)になってしまいました。かつ巨大児(=私)で、難産で生死の境をさまよった人。今でもそのときの傷跡しっかり残っています。やっぱり体重管理しっかりしないと!!! 
でも甘いものはどぉ~しても食べたくてしょうがないので、もっと体動かさないと!

もうひとつはおっぱいマッサージ。
日本の情報は送ってもらった妊娠本やネットで得ています。
その本の中には、~胎動を感じたらおっぱいマッサージを始めましょう~とあります。
が、こちらの先生に聞いたらば、「子宮が収縮してお腹が張るので薦めません」とはっきり言われました。こちらは産後すぐ病院でのマッサージもなさそう。
そうなると、本当にしなくて大丈夫なのかとか、ちゃんと母乳が出るようになるか、余計に心配に…。日本にいる先輩ママ友達に聞いてみると、やっぱりマッサージを指導された人が多かったです。
でも、しても飲んでくれなかったり、してないのに飲んでくれたりとあったようで、
 結局赤ちゃんが上手く吸えるかどうかにもよるので根気よく吸わせるのみ!!
とアドバイスをくれ、少し不安も治まりました。まぁ、その時頑張ることにします。あ、でも「しちゃだめって本に書いてあるよ~」と言う友人もいたので、日本でも産院・本によって指導方法はそれぞれなのかもしれません。


違うなぁ~と思うこと、また気付いたら残しておこうと思います。
[PR]
by millieff | 2010-11-16 11:18 | 妊婦らいふ
カテゴリ
最新の記事
残すところ、あと少し
at 2012-12-30 23:46
賑やかなクリスマスホリディ
at 2012-12-24 12:01
12/12/12!!
at 2012-12-12 22:30
生後0日
at 2012-11-21 22:49
【ご報告】新しい家族2012
at 2012-11-20 11:00
ガンバレケーキo(^o^)o
at 2012-11-10 13:08
最近の私
at 2012-11-06 12:52
以前の記事
検索
お気に入りブログ
お気に入り外部ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧