みりぃのフィラデルフィア郊外らいふ

2009年7月から始まったアメリカ・フィラデルフィア郊外での日常をのんびり綴ります。
by millieff
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:妊婦らいふ( 23 )

1泊2日入院記録

1泊2日の入院記。
あまりキレイでない表現もあるので、イヤな方・お食事前後の方は読まないでね。

1/17
ベイビーシャワーで頂いた服の水通しをしたり、掃除をしたりして、普段より少し忙しく過ごす。
夕食後のんびりしていたら、急に体がだるく、きつくなる。

22:00
 吐き気→嘔吐。
夜中じゅう、30分~1時間おきで嘔吐が続く。出るものすべて出て、水分補給にちょこちょこ飲む水すらもどしてしまう。合い間に私は眠ていた…が、夫は可哀想に全く寝られなかったみたい。

1/18
8:45 OB/GYN32週定期健診日。
担当Dr.D、真っ青の私の顔を見るなり、(出産予定の)総合病院での検査を手配。脱水症状から陣痛が来ている可能性がある。一応ここで内診も。子宮口は閉まっているものの、子宮頸管が短くなってきており、赤ちゃんも少し降りてきているとのこと。

10:00頃 
病院の緊急外来からそのままマタニティ病棟へ。ドミトリーのベットに促され、点滴・抗生物質投与開始。お尻にステロイド注射(赤ちゃんの肺機能の成長を助ける為)と血液+尿検査も。まだ会っていなかった残りの一人Dr.Bにここで対面。そのあとDr.Kにも会う。

11:00 個室に移動

12:00 Dr.Kの内診
子宮口は閉まったままだが、陣痛計には定期的な波が見て取れる。両脚に浮腫み防止のマッサージ器具のようなものを付けられる。

左手には点滴、抗生物質の針。右手には血圧計。お腹+指に心拍計3つ。脚にもマッサージ器、と動くのもままならない。もちろんトイレはベット上にて寝たまま。
これまで腰痛は無かったのに、病院に来てから少し生理痛の様な鈍痛を腰・お腹に感じる。特に腰が痛い。でもそれが寝返りもなかなか打てない体勢から来る腰痛なのか、陣痛によるものなのか区別が付かない…。
食べ物はもちろん、水を飲むのも×。許されたのは氷を口に含むことだけ。朝から氷しか口にしてないので、さすがに夕方にはかなりお腹が空いてくる。

17:00 超音波検査
赤ちゃんのサイズは4.1パウンド(約1.86㌔)  
  
18:00 ハイリスク出産専門のDr登場。様子を見に来た模様。もしも早産になったら…ということについて少し話す(主に夫)。

18:30 産道感染有無の検査

19:00 手の指が浮腫んで指輪がきつくなり、はずしてもらう。 

21:30 夜勤のDrによる内診。
子宮口はまだ閉まったまま。陣痛計の波(陣痛の間隔)はあまり変わってない。

22:00 陣痛を抑える錠剤を、りんごジュース(!やっと許された)と共に取る。

23:00 お尻にステロイド注射②

1/19 
4:00 陣痛を抑える錠剤②

早朝 薬が効いたのか腰痛・腹痛は少し引いた。陣痛の波の間隔も長くなる。ただ、空腹すぎてお腹が痛い・・・。朝ごはんを食べられないのかと(何度も)訴える。

10:00 陣痛を抑える錠剤③

12:30 バスルームに行く許可が下りる。体も拭いて、少しさっぱり。全身を鏡で見てびっくり!顔も足もパンパンに浮腫んでる!!

13:00 血液検査
ランチの許可が~! 40何時間ぶりの食事。
フレンチトースト&タラのポワレ+ワイルドライス・茹で野菜、フルーツカップ、ショートケーキ、紅茶と明らかに食べ過ぎ。メニューはレストランのように豊富。でもまぁ病院食です、味は薄め。

14:00 Dr.Nより血液検査の結果次第では退院してもよいと言われる。

16:00 退院許可!


   
実は退院の日、Child Birth Class の3回目でマタニティ病棟を見に行く予定になっていました。
が一足早く見学どころか体験までしてしまいました。新しく改装されたマタニティ病棟。陣痛・分娩・回復と同じ部屋で過ごすので移動する必要なし。全個室。担当の看護師さんが付いていて、熱を測ったり、モニターをチェックしたり頻繁に来てくれました。夫は新生児室も見たみたい。設備もケアもしっかりしてるし、これならば安心。

入院中、お母さんの頑張っている声、PUSH~PUSH!と励ますDr、看護師さんのカウントダウン等が他の部屋から聞こえてきました。そして・・・4~5人のNew Babies の産声も。もうすぐ私にもその時が来るのかと思うと、なんとも言えない不思議な気持ちになりました。
早く会いたいな・・・でももうあと少しだけお腹に居てね、と話しかけてた1泊2日でした。
[PR]
by millieff | 2011-01-25 12:26 | 妊婦らいふ

☆ベイビーシャワー☆

日曜日。
義姉と姪っ子が私&夫の為にベイビーシャワーを開いてくれました。

日本では生まれた後お祝いをすることが多いですが、ベイビーシャワーは出産の前祝い。
そして本来シャワーは女性のみのものらしいけれど、今回は性別関係なし。

前に書いたように義姉も私と同じ妊婦。シャワーの話があった時「それならば合同でしよう」と提案しましたが、自分は四人目だし一昨年もシャワーをしてもらっているからと、今回はホストをしてくれました。

会場は我が家。午前中から義姉&姪っ子が家の中を飾り付け。
昼過ぎには親族や友人達が集まってくれました。

みんなに祝ってもらって私も夫もベビも幸せ者053.gifです。

ご飯を食べながら、おしゃべりしたり、ゲームをしたり。

そして最後にプレゼントオープンタイム。
衣類、ブランケット、おもちゃ、おむつ等々、そして何点かレジストリをしていた中からはスウィング(電動ゆりかご)を貰いました。衣類なんて前にも義母に沢山頂いたので百着はあるんじゃないかな、しばらく買わなくていいかも…。
新生児に必要な物をギフトとして頂けるのは凄く有難い。ベビ用品徐々に揃ってきました。あとは揃ってないものをこれから買いに行こうと思います。


オムツで出来たダイパーケーキ

c0202520_11412311.jpgc0202520_1142787.jpg
c0202520_11423981.jpg

[PR]
by millieff | 2011-01-18 12:08 | 妊婦らいふ

妊娠初期・中期の記録

以前から残そうと思ってた妊娠初期・中期の簡単な記録。
書いてみたいと思います。

******************************

妊娠5週目
妊娠検査薬にて陽性反応。
7週
産婦人科にて初検診。妊娠確定。日中とにかく眠くてだるい。たまに少しムカムカした吐き気も。
8~10週
吐き気の頻度もピーク。何か食べないと吐き気が(食べづわりだったのか?)。冷蔵庫の臭いが駄目になり、キッチンに行くのもイヤ。お料理もほとんどせず、してもレトルトだったり…。日中のほとんどを寝て過ごす。夜に戻すことが多い。
11週
超音波検査(3回目)。以前は丸い卵みたいだったものが、人間らしくなっているベビの姿を確認。心音もこの頃始めて聞く。
12~13週
つわりも少し楽になる。量は少なめだが、夫と同じ夕食を食べられるようになる。
14~15週
お腹も少しふっくらしてきた。そのためか下腹部が押されるような痛み、張ったような感じの時がある。
16週 
体調・食欲も戻ると同時に、無性に甘いものが食べたくなる。
19週~20週
胎動を感じるようになる。1ヶ月で4㌔増。毎日甘い物を採るのは控えるように注意される。超音波検査(4回目)、性別予測も。
26週
服を着てても妊婦だと認識されるようになる。妊婦に多いカンジタ膣炎になり、薬にて治療。
28週
この1ヶ月間で急にお腹が大きくなるり、胎動をより一層強く感じる。年末行事で疲れたのか、お腹の張りを正常値以上に感じるので、ドクターに連絡。横になり沢山水分をたっぷり採ることで収まる。


保険の関係なのか、こちらでは日本のように頻繁に超音波検査はしないようです。
12-13週で1回、20週辺りでもう1回。その後は無い人も。
私の場合は、初診の時に腹痛と茶色のおりものを訴えたので、初診日に超音波検査をしました。その2週間後ベビのサイズを確認するためもう1度。19週の超音波検査後は今のところ予定は無し。


つわり時(7週~14,15週頃)の嗜好
食べられたもの

フルーツ全般(主にリンゴ、桃、メロン、スイカ、バナナ、酸味の強いオレンジ等はX)
牛乳、ヨーグルト、りんごジュース、ヤクルト、野菜サラダ
匂いだけでも駄目+見たくも無いもの
ニンニク、ズッキーニなどのスクワッシュ類、オリーブオイル、肉類
つわり中でも時に凄くX2食べたくなったもの
チーズたっぷりピザ、ポテトチップス・フライドポテト、煮物、母の手料理

アメリカでは吐き気防止にジンジャーエールを飲むらしく、いろんな人に薦められました。が、炭酸が強すぎてゲップがでて余計に気持ち悪くなるので、気の抜けたジンジャーエールを用意し、たま~に飲んでました。
つわり期が終わり食欲も戻ると、無性に甘いものが食べたくなり、そしてそのどうしても食べたい~!!!と思うものがが日々違う。餡子にクロテッドクリームたっぷりのスコーン、クリームパン、ショートブレッド、チョコチップ入りクッキー等など。なかでもチョコレート。妊娠前までチョコを自分で買おうと思うことはあまりなかったけれど、つわり後はチョコ大好き妊婦に。カフェイン糖分の取り過ぎになるので、チョコは控えるよう先生に注意されるほど。

そして後期に入った今でも、甘い物嗜好は続き…。
駄目~、セーブしないと!とは思うものの、我慢しすぎてもストレスになるし…(自分に甘い)
と、オーブンでBAKINGする日々です。
[PR]
by millieff | 2011-01-13 23:37 | 妊婦らいふ

Child Birth Class -2

Child Birth Class 2回目。

「見逃してならない危険なサイン」から始まり、前半のメインは「陣痛」。
始まるときのサイン、陣痛の段階等について。骨盤の模型と赤ちゃんの人形を使い、どんな体勢で出てくるかや、ポスター(絵)を使って、お母さんのお腹の変化や赤ちゃんの成長の説明があったり。理解が難しい(妊娠医療英語の勉強不足)こともあったりしましたが、出産時には必要な言葉ばかり。勉強になりました。陣痛の話なんて聞くと、もうすぐなんだなぁ…(ちょっと不安)。

後半は「タッチリラクゼーション」。陣痛が始まった時、痛みと緊張で体に力が入ることによる疲労を軽減するマッサージ。もちろん精神面でもかなりの効果が。
自分でするのではなく、COACHと呼ばれるサポートする人にしてもらいます。何処が&どの程度の強さが心地良くて、何処があまり好きではないかなど、本番になったらそれどころじゃないので、今のうちから好みを伝えておくのが大事なのだそう。

今日も沢山の新しい知識を得た2時間でした。
クラスの中ではCOACH(主にパートナーの男性陣)に対するアドバイスもとっても豊富。私又は本やネット上の情報ではなく、第3者である専門のインストラクターからのアドバイスなので、抵抗なく聞けるし、且つ分かり易いみたい。やっぱり出産は1人でするものじゃないんだよね。COACHの働きも凄く大きい! このアドバイス、妊婦の体調や気持ちについてもっと理解してもらえるのでほんとに嬉しいです^^ 
[PR]
by millieff | 2011-01-13 19:46 | 妊婦らいふ

Child Birth Class - 1

出産予定の総合病院で行われるChild Birth Class に昨夜参加して来ました。
毎回2時間、全6回 85㌦です。

参加は7組。多いときは20組近くいるそうです。
私たちのように初の出産を控えた夫婦、2人目の人、シングルペアレントで母親と来ている人、ボーイフレンドと一緒の人など、いろいろなカップルが来ていました。
指導してくれるのは、ご自身も37年前にこの病院で出産し、それ以降ここで35年間Child Birth Classを受け持っているベテランのインストラクター。2月には2人目のおばあちゃんになるそうで、病院のことも育児のことも知り尽くしているので、なんだかそれだけで安心した気持ちに。

1回目の昨日は
インストラクターや病院の簡単な紹介、それぞれのカップルが自己紹介などをした後、
泌尿生殖器周辺の筋肉を鍛えるケーゲルエクササイズや、腰痛に効くエクササイズ、陣痛時に使える基本の呼吸法などを教えてもらいました。

やっぱり専門の先生に教えてもらい仲間と一緒に学ぶのは、本を読んだり、人に聞いたりするのとは違いますね。自分じゃ思いつかないような他の人の質問など、勉強になります。

あと5回、沢山の知識を吸収して、元気なベビを迎えるその日に備えたいと思います。
[PR]
by millieff | 2011-01-07 01:32 | 妊婦らいふ

口癖

「アイシャ」ってどんな意味があるの?

夫に聞かれました。

???

よく聞いてみたら、最近私がよく口にするらしい。
立つ時、座る時、何か動作をする時、頻繁に。



お腹もだいぶ大きくなってきて体も重いし、
知らず知らずのうちに「よいっしょ」を連発してたようです。自分じゃ気付かなかった!
口癖のようになっているようで、指摘された後もまだ言うらしく、夫に「ヨイッショ」とリピートされ、
「あっ、また言ってる~」と毎回気付きます。
体重が戻ったら(戻ってよ~!!!)言わなくなるかな。



+++++

ココ最近は胎動にも変化が。
前はポコピコ蹴ってましたが、最近は蹴り+でんぐり返しやストレッチをしているように感じるようになりました。うねうねしているウェーブのような動きを良くします。お腹の中でエクササイズしてるのかな?
それと、ドクドクという心音のようなものも。ベビの心音にしてはゆっくり。先生や人に聞いたら、それは自分の心音らしい。お腹の中にドックドックという自分の心臓の動きを感じるのは、とっても不思議な感じです。


それと…
前からあった痒みがさらにさらにひどくなりました。
特に毎夕食後のリラックスタイムに急に痒みが増します。もう全身が痒い!! 夜中に目が覚めることも。クリームやオイルを4本いろいろ使いまわしてましたが、それもほとんど無くなってしまいました。もともと肌が弱いけど、それも関係してるのかな。あまりにもひどいので、来週の検診時先生に相談してみようかと思います。
[PR]
by millieff | 2011-01-02 02:27 | 妊婦らいふ

後期に入りました+病院の待ち時間

妊娠28週、日本では8ヶ月、アメリカ式では7ヶ月、後期に入りました。

今日は朝から産婦人科へ。妊娠中毒症かどうかを調べるグルコーステストの為に、採血に行ってきました。予約時間の45分前にこのドリンクを一気飲み。
c0202520_884499.jpgフルーツパンチとオレンジの2種類あり、私はオレンジをチョイス。甘く不味いと聞いて味は覚悟していたので、以外と簡単に飲めました。これで妊娠糖尿病など診断されると、食事制限や薬の治療になるとのこと。昨日の夜は夜食のお菓子やフルーツも控えたし、何も問題無しでありますように…。


実は昨日も産婦人科へ行きました。
私が毎月検診に行ってるのは診療所のようなところ。超音波検査などの設備もありません。検査や実際の出産時には提携している大きな病院へ行きます(もちろんこれも自分で選ぶことは出来ます)。最初から大きな総合病院で検診を受けてもいいのですが、多くの人が私と同じパターンのようです。女医さん、家から近いこと、そして評判などから、徒歩でも行ける今のところに決めました。
この診療所には私の担当の女医さんDr.D以外に3人のドクターが居ます。Dr.Dは月曜日に総合病院で出産に立ち会ってるらしく、他の曜日だとそれ以外の先生になるので、他の3人にも会っておいて欲しいとのこと。
昨日がその1人目でした。
初めての夕方の予約。予約時間より15分早く、6:30には到着。もしかしたら早く行ったので早く終わるかなと思ったけれど、そんなことは無く。日本でも病院の待ち時間は長く感じますが、それはこちらも同じ。時間通りには呼ばれない、30分待ちは普通です。1時間たってやっと呼ばれました。と、思ったら尿検査に体重、血圧の測定のみ。その後また待合室に戻され…。15分、30分経ち・・・。待たされ過ぎて途中眠ってしまいました。夫も携帯で新聞を読みながら「Drのオフィスはどこも、待たせても何も言って来ない」とぶつぶつ。

そしてやっと診察室に呼ばれ、Drとご対面したのはなんと
予約時間から2時間15分後の9時! でした。

さらにDrとの面会時間はたったの5分チョット! お腹周りを測って、ベビの心音を聞いて、質問は~?で終了。感じのいい女医さんでそれはそれで良かったのだけれど…。なんだ、もっと何かじっくり話をすることがあるのかと思った。あっさり終わって拍子抜け&待ち過ぎでどっと疲れが・・・。
なんでも、今日のDrは結構ゆっくりめの診察をすること(私は5分でしたが)、今週は先生が1人ホリディ中、夕方は時間が押すことが多いらしく、看護婦さんもごめんなさいね~と。それでも長過ぎ。途中で一言あとどれくらいとか時間掛かりそうだから別の日にしますかとか言ってくれてもいいのに。もう夕方の予約は取らないようにしよう。今小児科探しもしてますが(また後日これについては詳しく書きます)ゆっくりな先生と早い先生が居ると先日のところは教えてくれました。丁寧な先生もいいけど、病気の子供に長い待ち時間はきついな~。まぁ、今日は特別に長かったのだろうけれど、でも色々考えてしまいます。


診療所に行く途中に見た満月。アメリカ東海岸では今日の日付に変わる辺りから早朝にかけて、皆既月食が見られたらしい。でも私はまた翌日も産婦人科でグルコーステスト、夫も職場のクリスマスポトラックランチ(持ち寄りパーティ)用の巻き寿司作りで早起きのため、皆既月食のために夜更かしするのは止めました。
日本でも見られたのかな。見た方いますか~?
[PR]
by millieff | 2010-12-22 08:22 | 妊婦らいふ

妊娠線予防

妊娠線予防のために、5ヶ月頃から予防のためのオイルを塗り始めました。
もう少し早目から塗った方が良かったのかな。

私はMotherloveのPregnant belly salveを朝と夜2回お腹にぬりぬりしてます。
c0202520_4583319.jpg


ネットなどで見るとカカオバターがいいとかあるし、
お店にもいろんな種類があって迷いましたが、
Organicの原材料を使っている点と香りでこれに決めました。
オイルワックスタイプで伸びもよく、ラベンダーの香りはリラックス効果大。
特に夜はいい香りで眠りに就けます^^

これのお陰か、まだ妊娠線は出来ていませんが、
おへそからまっすぐ上下に伸びる黒い線はいつの頃からか現れ、日に日に濃くなっている気がします。この線、正中線と呼ぶらしく、妊娠中のホルモンバランスの影響やメラニン生産が活発になってる為に出来るみたい。でも産後には消えていくらしいので、安心しました。顔のしシミも産後薄くなってくれることを期待!

オイルも残り3分の1程、出産までにもうひと瓶必要だな。
[PR]
by millieff | 2010-12-18 05:15 | 妊婦らいふ

夜中に目が覚めるためか、妊娠してからよく夢をみるようになりました。

妊娠初期と中期では、内容にも変化がみられます。


初期によくみたのは、過去の夢。
幼い頃の家族との自分、
学生時代や留学していた頃、
そしてなかでも多かったのが、昔の職場で働いている夢。

それが
つわりも治まり中期になると、今現在の自分が居る夢に変わりました。
舞台は日本だったり、アメリカだったり。
そして嫌な夢も。
夫と喧嘩する夢、難産だった夢、
起きた後一番ショックだったのは生まれたベビーが健康ではない夢。


もちろん
初、そして異国での出産・子育てに不安はあるけれど
楽しく幸せなマタニティライフを送っていると思っているつもりなのだけれど…。

そんな時、図書館で借りた本で妊婦の夢に関する記述を読みました。
それによると、
妊娠初期には、過去の自分には戻れないという環境の変化・心の葛藤などから、昔の夢をみる妊婦さんは少なくないのだとか。それが、お腹も出てきて、胎教を感じるようになる頃になると、心の変化からか次第に内容は現在や未来についてのものが多くなるそう。出産や子育てに対する不安によって、妊娠には関係なくても怖い夢をみたり、難産や赤ちゃんの異常などの嫌な夢をみることもあるらしい。

自分だけが精神的に不安定なのではなく、妊婦さんには多く見られる傾向だと分かり、ほっとしました。そして、嫌な夢をみたら「あ~、夢であってよかった」と思えばいいという夫のくれたアドバイスから、最近は起きた後取り乱すことなく、「夢だった、よかったぁ~」と眠りに戻れるようにもなりました。

後期に入ったらまた夢の内容は変わってくるのでしょうか…?
[PR]
by millieff | 2010-12-15 10:03 | 妊婦らいふ

最近悩まされていること

ホルモンの影響などで起こる妊娠中のマイナートラブル。

最近のトラブル
①肌の痒み、荒れ
からだ全体、とくにおなかの周りが痒い! 寝ている間も堪らずポリポリやってる跡が伺えます。この時期乾燥もあるので、クリームやオイルをたっぷり塗って保湿はしてるものの…。
あと、顔に出来る吹き出物~。こっちが消えれば、あっちにぽつり!

②足のつり
後期によくある症状という「こむらがえり」。まだ妊娠中期ですが、たまにピキッ-と足がつります。起きてる時も、寝てる間も。運動がもっと必要なのかも…。

妊娠してからずっとあるのは
③頻尿と④便秘。
③は、もともと近いほうでしたが、妊娠後夜中に5、6回、毎時間ごとに起きる晩もありました。音を立てないようにそろ~とベットから出ても、夫は目が覚めるようで悪いし、私も翌日眠いし疲れるし。夕食後ドリンク類を控えるようにして少し回数は減りましたが、それでも少なくとも1,2回は目が覚めます。

④、これまで悩まされたことがなかった快腸ライフだったのが、急に便秘持ちさんになりました。確かに妊娠初期は口に出来るものが限られていたので、それもあるのかなと…。最近は食物繊維の多いものやヨーグルト等採ってるのですが、やっぱり妊娠前とは違う…。先日は一時間以上トイレに篭りました、苦しかった泣。水や牛乳もたっぷり採って、からだをもっと動かさないと。便秘で悩んでいる人の辛さが解りました。


後期に入ったらもっとトラブル出てくるのかなぁ。
[PR]
by millieff | 2010-11-23 02:21 | 妊婦らいふ
カテゴリ
最新の記事
残すところ、あと少し
at 2012-12-30 23:46
賑やかなクリスマスホリディ
at 2012-12-24 12:01
12/12/12!!
at 2012-12-12 22:30
生後0日
at 2012-11-21 22:49
【ご報告】新しい家族2012
at 2012-11-20 11:00
ガンバレケーキo(^o^)o
at 2012-11-10 13:08
最近の私
at 2012-11-06 12:52
以前の記事
検索
お気に入りブログ
お気に入り外部ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧